森口博子、鮎川麻弥がガンダムソングを熱唱!「80代までガンダムソングを歌いたい」

10月22日、森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントがサンシャインシティ 噴水広場ステージで開催された。

森口が「こんにちは、会いたかったよ!」と声をあげると、鮎川も「今日は、いっぱい盛り上がっていきましょう!」と集まった観客達へ呼びかけ『Z・刻をこえて〜水の星へ愛をこめて』を2人でメドレー形式で歌いあげ、TVアニメ『機動戦士Ζガンダム』のOP曲である2曲でステージは幕を開けた。

歌唱後に森口は「34年前の曲です!見渡すとみんな・・・仕上がってますね!大人になりましたね!」と会場へ集まった年配層へ声をかけ、笑いを誘った。

「やっぱり私達が集まったという事はガンダムソングづくしではないでしょうか?」と森口が話し、鮎川が「今日はオールガンダムソングでいきたいと思います!」と宣言すると会場から大きな拍手が響き渡った。

まずは鮎川が「『Z・刻をこえて』『水の星へ愛をこめて』と来たら、この曲ですよね?」と、TVアニメ『機動戦士Ζガンダム』のED曲『星空のBelieve』を軽快に歌いあげると、続いて森口がアニメ映画『機動戦士ガンダムF91』の主題歌『ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜』を披露。歌唱中に涙を流す観客が多く見られるほど、その歌声で会場を魅了した。

森口は8月にリリースされたアルバム『GUNDAM SONG COVERS』がオリコンランキング3位を記録した事に触れると「28年2ヶ月ぶりにオリコンTOP10に帰ってきました!これは日本の女性アーティストのインターバル記録1位だそうです!こうして一緒に令和元年に喜びを分かち合えることは本当に幸せです。皆と積み重ねていく歴史の中で「夢に締め切りは無いんだ」という事を凄く感じました。ありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝えると温かい拍手が響き渡った。

更に森口は「10代、20代、30代、40代、50代ガンダムソングを歌わせてもらっていますが、80代までガンダムソングを歌い続けられる私でいたいと思います!」と力強く意気込みを語った。

そして新曲について森口は「レコーディング現場は熱くて、掛け合いがスリリングで疾走感のある楽曲で言ってみるのなら、50代ロック届けます!50代まだまだですよ!」と話すと「私達の中で楽曲の中でも一番テンポの速い、強力なロックに仕上がりました。このパワーを皆さん熱く熱く受け止めてほしいです!」と思いを熱く語ると、新曲でSANKYOの『フィーバー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の搭載曲として、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をモチーフに制作された新曲『果てないあの宇宙へ』『追憶シンフォニア』が披露された。


2人の息の合った歌声が力強く混ざり合い、圧巻のステージパフォーマンスを展開すると曲終わりに「カッコイイ!」という絶賛の声が会場いっぱいに響き渡った。

ガンダムソングで彩られたステージに観客から大きな拍手と歓声が送られる中、森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントは幕を閉じた。


(文:山岸一之・写真:谷利沙紀)


【セットリスト】

M1:Z・刻をこえて〜水の星へ愛をこめて(メドレー)

M2:星空のBelieve

M3:ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜

M4:果てないあの宇宙へ

M5:追憶シンフォニア

K-triangle オフィシャルサイト

役者、歌手、声優、ダンサー、エンジニアなど様々なメンバーで構成されるエンターテイメント集団・K-triangleのオフィシャルサイト